【お知らせ】夏季休業のご案内 »

【お知らせ】聖火リレー、オリンピック・パラリンピック開催に伴う規制・遅延等のご案内 »

【お知らせ】大雨の影響によるお荷物のお届けについてのご案内 »

フラワーエッセンス・ハーブティーのトリニティフォース > DTWフラワーエッセンス > フラワーエッセンスとは?

  • フラワーエッセンスのご使用方法
  • ここが違う!DTWフラワーエッセンス
  • フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスとは?

なぜスキンケアはするのに、心のケアはしないの?
なぜ体の汚れは洗うのに、心の汚れは洗わないの?

人と植物の関係は、植物を「美しい」と感じるような心の交流だけでなく、人類が生きていける環境を整え、食物連鎖を支え、薬草として病を癒す等、様々な面において人間を支えてくれています。

ハーバリズム(ハーブを乾燥させたドライハーブをハーブティーやバスハーブ、パップ剤などにして活用するもの)やアロマテラピー(芳香療法)は既にご存知の方も多く、生活の一部に取り入れておられる方もいらっしゃると思います。
「フラワーエッセンス」 もハーバリズムやアロマテラピーと同じ植物療法の一つとして、長い間、私たち人類の健康の維持増進に貢献してきた植物療法の一つです。

フラワーエッセンスとは?

“フラワーエッセンス”って、最近よく聞くけど・・・・アロマ?
香りのするものじゃないの? 化粧品? 美容成分?

フラワーエッセンスは、英国王室のメイン医療である同種療法(ホメオパシー)の考え方をベースにした植物療法の一つです。

フラワーエッセンスは飲む物(植物抽出加工食品)。
原液又は飲み物に混ぜて飲むものです。
お花というと香りがあるものと思われがちですが、フラワーエッセンス自体に香りはありません。
味や風味は、保存料として使われているものによって異なります。

フラワーエッセンスを体内に取り入れることで、植物の持つエネルギーが不調和になった感情を調整、ネガティブに傾いた“気分”、“感情”、“物事の捉え方”、“物事の感じ方”、“性格”などを明るくポジティブに促してくれます

お肌のスキンケアやお風呂で身体のケアをするように、日常生活で湧き上がるネガテ ィブな“気分”や“感情”等の心のケアをするものが“フラワーエッセンス”です。

フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスの歴史

植物のエネルギーの利用は、決して新しい分野の研究ではなく、植物エネルギーの利用は数千年にも及びます。“フラワーエッセンス”の起源は、花びらの上に溜まった朝露にあると言われてます。古代エジプト時代に活用していた記憶が残されていますし、オーストラリアの先住民族のアボリジニーは古くから朝露のついた花を食べていました。それは、夜の間に花びらの上に少しずつ溜まった朝露が、太陽の日差しを浴びることでその花のエネルギー(波動・本質)を朝露に蓄えると考えられていたからです。

現在の“フラワーエッセンス”は、約90年前にイギリス人の医学博士エドワード・バッチ氏が、サンメソッドという方法によって花の朝露を人工的に再現したものになります。

欧米ではフラワーエッセンス活用の歴史も古く、オーガニック・マーケットやドラッグストアで簡単に購入できるもので、人間だけでなくペットや植物などにも使えるものです。

フラワーエッセンスの使い方
https://shop.trinity-force.com/?mode=f5

フラワーエッセンスの歴史

フラワーエッセンスは、具体的に何に良いの?

日々の生活の中で起こる“落込み”“だるさ”“ふさぎがち”などの不快な気分や、“悲しい”“寂しい”“悔しい”“虚しい”などのマイナス感情をポジティブに導いてくれるものです。

さらには“せっかち”“完璧主義”“優柔不断”“負けず嫌い”“心配性”etc...
気になる個人のマイナスとされる性格を調整し、ポジティブな側面を強化してくれるものです。

“フラワーエッセンス”を1ヶ月以上飲用している多くの方が「気分が明るくなった」「気分が安定した」と感じています。

3ヶ月以上お使い頂いた半数以上の方が「変化を実感した」「前向きになった」という声を頂きます。。
また、約25%の方が「人から変化を指摘された」というアンケート結果もあります。

どうして、花のエネルギーで気分や感情に変化が起こるの?

フラワーエッセンスは、お花のエネルギーパターンを保持した転写抽出液です。
フラワーエッセンスは波動干渉・共鳴という現象で作用すると言われています。
花のエネルギーであるバイブレーション(波動)は、特殊な機械を使わない限り殆ど目で見ることは出来ません。しかしとても強い影響力を持っています。

それぞれの植物は固有のエネルギーパターンを持っています。その固有のエネルギーパターンと干渉・共鳴する特定の感情のパターンがエネルギーレベルで働くことで、ネガティブな気分や感情、習慣的態度を中和、増幅させて調整すると言われています。

ストレスとフラワーエッセンス

最近では、肉体的・精神的な多くの病気の原因は“ストレス”だと言われています。日常的によく聞く“ストレス”ですが、本来の意味は「外部から刺激を受けた時に生じる緊張状態のこと」です。ストレスの原因=ストレッサーは大きく4つ分けられますが、日常的なストレッサーは「心理的ストレッサー」「社会的ストレッサー(仕事や社会環境)」で、簡単に言うと「辛いこと」や「嫌なこと」などがストレッサーとなり、本来の自分のあるべき姿を歪ませると言います。

ストレッサーが原因となる緊張状態が長く続く事で、体調を崩したり、病気の原因になることから近年「ストレスが病気の原因」と言われるようになりました。

ストレッサーとなる「辛い〜」「嫌だ〜」は気分であり感情です。フラワーエッセンスはストレッサーとなるネガティブな感情のケアにも使っていただく事ができるものです。

世界唯一!!現役ドクターが開発するDTWフラワーエッセンスを使用する!

  • フラワーエッセンス シングル
  • フラワーエッセンス フォーミュラ